ABOUT

学生団体 S.A.L. は国際問題の知識を深め、啓発することを活動内容として 

2008年に発足した、慶應義塾大学に本部を置く学生団体です。

 S.A.L. という名前には、

Send out( 国際問題を伝える )

Aid( 助けを求めている人を救う )

Learn( 世界の現実を知る、学ぶ )

という 3 つの意味が込められています。

 私たちはこの3つをコンセプトに、スタディー・ツアーを企画し、長期休暇を利用して海外へ赴きます。

そこで、国際問題の現実と向き合い、メンバー全員が自分たちに出来ることは何かを考えながら 、国内でイベントやフリーマガジン、ドキュメンタリー、商品プロデュース、web デザインなどの具体的なプロジェクトを行っています。この「伝える」という活動によって、Aid(救う)につながる、と我々は考えています。

 人は往往にして、知りもしないことを決めつけてしまったり、物事を知っていると思い込んでしまいます。それが、国際問題の本当の「問題」ではないでしょうか。この国はこうである、あの国の人々はこんな人々である、今の世の中はこうである。人々がそのように決めつけたり、思い込んでいる限り、国際問題の理解は進みません。助けが必要とされる状況に変化も起きません。そこで、我々は「伝える」ということが非常に重要な役割を果たすと考えているのです。

 国際問題に関心のない人や少し興味がある人に、

国際問題を知ってもらう「きっかけ」づくりを重視し、S.A.L. は活動を行っています。

9f6bff478434f997c3b6cfedd44ac1ec.jpg

代表挨拶

法学部政治学科2年 坂田 海馬

 

現代はいつでもどこでも世界中の情報にリーチできる時代です。

しかし私たちS.A.L.のメンバーは、生身の情報の価値を信じています。

どんな場所であっても、そこを生活の場として実際に生きる人々が存在します。

そんな個人との関わりを通して、時に貧困に苦しみながら暮らす人々の悲惨さを痛感し、時に笑顔で暮している人々のたくましさに心動かされます。

 

データではなく、実体験をもって世界と向き合っていく。

自分には関係のなかった遠くの出来事を、「自分事」として認識していく。

そんな行動の価値を信じて、試行錯誤しながらも活動しています。

総合政策学部2年 武井 梨乃

 

現代は、何千キロと離れた地の出来事を家に居ながら知り得る世の中です。様々な情報が、テレビや新聞、ネットから流れてきます。そして、そのどれもが画面の中だけで完結しています。

私たちは、どこか違う世界線で起きているように感じる画面の中の出来事を、実際に海を渡り、見に行きます。そうすることで、違う世界線ではなく自分の延長線上にあると実感するのです。世の中の出来事は皆様の延長線上で起きています。私たちの活動が皆様の目に留まり、国際問題を皆様の延長線上に乗せるきっかけになれば幸いです。

Contact us from here.

​kouhou.salkeio@gmail.com

  • Instagramの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

© 2021 S.A.L., Keio University