学生団体 S.A.L. は国際問題の知識を深め、啓発することを活動内容として

2008年に発足した、慶應義塾大学に本部を置く学生団体です。

 S.A.L. という名前には、

Send out( 国際問題を伝える )

Aid( 助けを求めている人を救う )

Learn( 世界の現実を知る、学ぶ )

という 3 つの意味が込められています。

 私たちはこの3つをコンセプトに、スタディー・ツアーを企画し、長期休暇を利用して海外へ赴きます。そこで、国際問題の現実と向き合い、メンバー全員が自分たちに出来ることは何かを考えながら 、国内でイベントやフリーマガジン、ドキュメンタリー、商品プロデュース、web デザインなどの具体的なプロジェクトを行っています。この「伝える」という活動によって、Aid(救う)につながる、と我々は考えています。

 人は往往にして、知りもしないことを決めつけてしまったり、物事を知っていると思い込んでしまいます。それが、国際問題の本当の「問題」ではないでしょうか。この国はこうである、あの国の人々はこんな人々である、今の世の中はこうである。人々がそのように決めつけたり、思い込んでいる限り、国際問題の理解は進みません。助けが必要とされる状況に変化も起きません。そこで、我々は「伝える」ということが非常に重要な役割を果たすと考えているのです。

 国際問題に関心のない人や少し興味がある人に、

国際問題を知ってもらう「きっかけ」づくりを重視し、S.A.L. は活動を行っています。

 

​代表挨拶

法学部法律学科3年 佐藤 理人

 テレビやインターネットで目に留まった「国際問題」が、今どうなっているのだろう?
 そこから始まる興味を広げていくことで、「国際問題」という枠を超えて一人ひとりに目を向ける。あの場所に暮らすあの人は何を想い、どのように生きているのか。その先に垣間見得た「世界」を通して、日本の私たちの周りに隠れた違和感に気づく。それを等身大の言葉で考えて、伝える。
 「学生だから出来ること」を最大限活用して、「学生なのに出来ること」を作り出す。そんな欲張りなことを目指して、日々活動しています。

法学部政治学科3年 羽根田 岳

 いろいろな方とお話をしていると、よく「S.A.L.ってなんの団体?」と聞かれることがあります。無理やり一言でまとめるとするならば「国際問題啓発団体」ということになるでしょう。これだけ聞くと国際問題について勉強ばかりしているような、おカタい団体のように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。ホームページを見ていただいてもお分かりいただける通り、国際問題の定義も問題に対するアプローチも自由です。時に一から学びながら手探りになることもありますが、すべての活動はメンバーそれぞれの興味・関心に基づいたものです。私たちの活動が皆様の目に留まり、少しでも国際問題について考えるきっかけになれば幸いです。

 

​組織体制

代表

S.A.L.の代表です。年によって異なりますが、基本的に日吉/三田キャンパスから一人と湘南藤沢キャンパスから一人の計二人で代表を担当しています。

執行部

S.A.L.の代表と各局の局長で構成される意思決定機関です。予算の審議や年間スケジュール、スタディツアーの安全管理などを行なっています。

マネジメント局

S.A.L.の活動のマネジメントを行なっている機関です。S.A.L.バンクの管理やスタディツアーのチェックなどを行なっています。

広報局

S.A.L.の活動を外へ発信する機関です。このHPはもちろん、SNS運用や発行物のデザインなども担当しています。

渉外局

S.A.L.と外部団体をつなげる仕事や渉外契約を通じてS.A.L.活動資金を調達する機関です。

企画局

S.A.L.内部の結束力を高めるために、様々なイベント(合宿、BBQ、打ち上げなど)を企画管理する機関です。

© 2020 S.A.L.

​©︎ 2020 S.A.L.