top of page
IMG_7674.JPG

2022 S.A.L. EVENT

12.10(Sat.) 11:00~18:00
12.11(Sun.) 11:00~16:30

@Rental Space mahna mahna
 (表参道駅より徒歩5分)

-居・異・要-い場所

私達がこのイベントを通して表現するのは、一人一人の「居場所」のあり方です。
物的な場所も、心の拠り所も。私たちの日々に欠かせない「居場所」
それが一体どんなものなのか、何によって形作られているのか考えてみると、そこには見え隠れする他者の存在がありました。
今回は一人一人の「居場所」を構成する無数の存在の中から、電気・コミュニティ・森林の3つの要素に焦点をあて、「居場所」のあり方を見つめ直すきっかけとなるような展示を作成します。

電気

​コンセントの向こう側

私達の快適な「居場所」が存在するために欠かすことのできない電気の供給地(=コンセントの向こう側)と、そこで暮らす人々の存在に思いを馳せたい。東京電力管内への電力供給地であった福島県の沿岸部。11年前の事故の影響を受けたこの地区とそこに暮らす人々の姿を映し出す。

大熊町立熊町小学校校舎内に残るホワイトボード(大熊町熊川地区).jpg

コミュニティ

つながりの追憶

コミュニティの希薄化が叫ばれているが、それでも私たちは他者とつながって生きている。人とのつながりが私たちの快適な「居場所」を構成している。身近なつながりに思いを馳せ、つながること・つながり方を考えてもらう機会になることを目指す。

PB031177.JPG

​森林

森林と共に生きる

高層ビルが建ち並ぶ街。ボタンひとつで何でも買える時代。その基盤にある大事な存在を蔑ろにしてはいないだろうか。自然環境と人間の消費が入り混じる代表例として、林業を取り上げ、川上から川下に至るまで、森林と共に生きる人々を映し出すことで、「居場所」のあり方を再考したい。

DSC09677.jpg

過去に開催したイベント

学生、子ども、そして大人に向けて

S.A.L.では各プロジェクトによるイベントや、

プロジェクトの枠を越えたS.A.l.全体でのイベントを開催しています。

S__8929351.jpg
S__8929354.jpg
S__8929353.jpg

-e-POLARIS-

6.5/6.12.2021

iOS の画像.jpg

-紡ぎ-

12.27-28.2021

表紙①.png

-Dear-

7.3-4.2021

flyer_lampedusa.jpg

-LIVE&TALK-

11.29.2020

スクリーンショット 2022-02-27 午後1.06.29.png

-空間ヲカケル-

1.11-12.2020

messageImage_1645934858946.jpg

-あいだを縫う-

12.4-5.2021

スクリーンショット 2022-03-03 22.12.21.png

-ひだまり-

12.12-13.2020

e-polaris 1.jpg
e-polaris 2.jpg
e-polaris 3.jpg

-e-POLARIS-

4.25/5.3/.6.2020

スクリーンショット 2022-02-28 23.00.28.png

-重なり-

12.21-22.2019

polaris 2.jpg

-POLARISⅡ-

6.12.2019

-ふくむすび-

​11.4.2018

polaris 1.jpg

-POLARIS-

6.15.2018

-ALIVE & PEACE-

11.18-19.2017

-THEATRE of PEACE 3rd-

11.4/6.2016

bottom of page