About Timor-Leste

Location

東ティモールは岩手県くらいの大きさで、人口は約126万人。

場所はインドネシアに隣接し、日本の真南に位置しているため、時差はありません。

Specialities
東ティモールで特に栄えているのが、コーヒー産業と石油産業です。
コーヒー産業は日本のNGOなどによる技術支援も行われ、米国の大手コーヒーチェーンや日本の飲食チェーン店などにも流通し始めています。
石油産業では、2018年に豪州と東ティモールは恒久的な海上の国境を確立する条約に調印しました。この結果、未開発のグレイターサンライズガス田の多くが東ティモールの領海内に属することになり、石油などの資源による今後の経済発展が注目されています。
​Climate
​年間の平均最高気温は30度を超え、寒がりなあなたには最適かもしれません。そして、雨季と乾季の区別があります。
換気である6月から11月がベストシーズンといえる
かもしれません。
History
16世紀にポルトガルが東ティモールを占領。
1942〜1945年日本軍,ティモール全島を占領。
1975年ポルトガル内のクーデタを受けて独立を宣言するも、インドネシア軍が侵攻し支配下に。
1976年インドネシア政府,東ティモールを第27番目の州として併合を宣言。
1991年11月サンタクルス事件発生(インドネシア軍による独立派虐殺事件)
1998年5月インドネシア国内でハビビ副大統領が大統領に就任。東ティモールの独立容認へ。
1999年8月30日国連主導で、独立についての直接投票が実施されたが,投票直後から,独立反対派の破壊・暴力行為が急増し,現地情勢は急激に悪化。
10月20日インドネシア国民協議会は東ティモールからの撤退を決定。
2002年5月20日,東ティモール民主共和国独立。
(外務省より)