top of page
  • 執筆者の写真S.A.L. 広報局

【森林と共に生きる】木薫 國里哲也さん

日本は国土の67%が森林で、世界2位3位を争う森林大国。


旧石器時代から現代まで、人々はこの恵みを受けながら暮らしや文化を築き、発展してきた。美しい水の源であり、動植物の多様性保全や、二酸化炭素の吸収、そして災害を防ぐなど、恩恵は尽きない。


そんな中、日本の森林の4割を占める人工林を管理し、安全に保ってきた国内林業は、各地で衰退が指摘される。この森林の荒廃は日本の社会問題と言えるが、多くの人がこの事実を知らないでいる。

高層ビルが建ち並ぶ街。ボタンひとつでなんでも買える時代。

私たちはその基盤にある大事な存在を、気づかぬうちに蔑ろにしてはいないだろうか。


森林と共に生きる7人へのインタビューから森林を想う。





木の里工房 木薫 岡山県西粟倉村

 岡山県、西粟倉村に工房を構える、日本国内でも珍しい林業経営と工房経営が一体化した会社。山の間伐と整備、切り出した 木材の加工、販売までを一貫して行っている。木製の保育製品 作りに力を入れており、家具や遊具が保育園や幼稚園で利用さ れている。 理念は「森から子どもの笑顔まで」。無垢の木の手触りやぬく もり、薫りなどのホンモノの木体験を届けることで、幼少の頃 から木に親しみを持ってもらい、山林を未来へと受け継ぐきっ かけ作りを行っている。


國里哲也さん

 木薫の代表取締役。出身は西粟倉村。学生時代を大阪で過ごし、 22歳の時にUターンで地元へと戻る。森林組合で働いた後、平成 18年に木の里工房 木薫を起ち上げる。林業を通して子どもと自 然に良いことを、という思いのもと、木の里工房 木薫の経営を 行う國里さんにお話を伺った。




林業組合って何?よくわからないまま就職

ー現在、 山はどのように管理されているんですか。

自分の実家のすぐ近くにも山があるんですけど。 自分の山や友達の山が、 いわゆる飲料水の水源地なんですよ。 そこはさすがに、 知らない人には売れないっちゅうかね。 集落の人が何人かで持 ってるんだけど。 どうすんだろう。 みんな木を切るのかな。 どこも同じような感じ。 60年前とか、70年前に植えたんかね。 僕のおじいさんなんか、 もう亡くなっ てるからね。

切る っ て言 っ たらどこかにお願いしなきゃならない。 だけど、 みんな高齢化だから。 あんまり赤字になるんだっ たら、 息子の代に置いとくのもどうかという問題がある。 それはみんなに同じような感じ。 大きく持 っ てる人は良いけど、 みんな山も飛び地で持 っ て いて、 1箇所にそれほど面積あるわけでもないし。 自分の山はこ っ から、 40キ ロぐらい離れてんのかな。 こう点在してるんでなんか難しいんですよね。 しかもあるにしても、 全部山丸ごとじゃない。 昔、 雑木林 っ て いうか、 自然を切 っ て、 植えたんですよね。 あんなん残されても困るぞ。



先人が大切に育てた山を引き継ぐために

―今なんかは、 じゃあ、 手入れとかでど っ かが入 っ てるとかはないですか?

もね、 あのー、 ある程度ね、 規模がで っ かくなっ たんで、うん、 や っ てない っ すね。 ただね、 その植えた時あるじゃないですか、 もうそれも多分何十年も前なんであります 。 毛がち っ ちゃくて、 ある程度お っ きくなるまでは枝打ち っ てうとか、 間抜をや っ てもら っ たみたい。 その当時でももうそういう時期があ っ て、 まあそうだな、 でももう30年ぐらいは何もや っ てないですね。 まあ、 ただ、 たまに行くんだけど、 その、 そんなに、 だから、 なんつうのかな。 もう大きい木は大きいし、 その間になんか中途半端なやつはあるんだけども、 まあ、 そんな中途半端なのも、 そんな大きくはならないから、 や っ ぱ初めの間抜とか、 してたからね、 まあ小ちゃ い木はたくさん入 っ てるけどね。 うん、あと、 まあ、 ゴ ミとか枝とかそういうのはまあ散らか っ てますけど、 普通にまあ、 林道を歩けるようになっ てんのかな。 何年か前に行 っ たんだけど、 もうそういうのば っ かりです 。



林業をなんとか黒字にするために

ー現在は周辺のところとかは入 っ て切 っ て いたりしますか

ああ、 してない っ すね、 うん、 もう本当ひどいな、 僕んとこは1番まともかな。 僕の同級生も農 山業や っ てんだけど、 全然行かないですよ。 すぐ近所なのに畑や っ てみかんとかも作 っ てんのに、山 所だから、 料水の水源地なんで、 あもう役割としてね、 木も植えたんだけど、 もう、 まあ場所がこういう場所だから、うん、 まあ、 結局自然に戻 っ てく っ ちゃ戻 っ てくかもしんないですね。 もう本当に、 この辺だっ たらね。 なんか、 クヌギとか。 うん、 あと桃とか、 そういうの っ て本当は昔から生えてた。 でも例えば、 梅 っ て、 山の斜面とかにこう梅を植えてるんですよね、 この辺産地なんで。 すると、 やっ ぱりね、 もう高いとこ っ て年取 っ てくると、 皆収穫できなくなるんですよ。 で、 もうそういうとこも結局放棄しちゃ っ て、 もう放置されて、 まあ梅の木を切る人もいるし、 そのままの時もあるんだけど、 梅の木もね、 や っ ぱりね、 肥料あげないと、 うん、 もうすぐ弱くなっ ちゃ っ て、 最終的に枯れちゃうんすよ。 何年かで、 で、 まあ、 そうなっ てきたら、 もうその同じ場所にはまたそういう自然にすぐ戻ります 。 うんまあ、 100年も経 っ たら、 本当にもう前と同じようになるんじゃないかな、 うん、 もうそういうとこはい っ ぱいありますよ。

​ーあと、 切 っ て人工林にしたりとかもあるんですか?

そうそう。 それもそう、 もうダメですからね。 うん、 そうそう。




森から子どもの笑顔まで

―「森から子どもの笑顔まで」という理念を掲げられていると思うのですが、ここにはどのような思いがおありなのですか。


木薫では、保育園や幼稚園向けの家具を専門に作っています。っていうのも、これには思いがあって。


さっき言ったように、林業だけは、汗をかいた人が収穫を迎えられない。つまり、子どもや孫の代にあとはよろしくってパスを出していかなきゃいけないんです。でも、その子どもとや孫の代ってほとんどが都会にいて、山や木に全く関わらない生活をしている。


僕が会社を作った2006年頃、「環境教育」っていうのは、必ず必須になると思っていたんです。SDGsっていう言葉が今はありますけど、当時そんな言葉はなくて。環境教育を高校や中学校で受けるとして、それがただのつまんない座学なのか、それとも、「そういえば、俺が通っていた保育園は、木の椅子、木の床だったな」とか。そういうところに興味を持って勉強してくれる子が100人に1人ぐらい出てくるかもしれない。それで、さらにその100人に1人の中から、将来森林とか林業に関係する仕事に就きたいって思う人が生まれたら、初めてこのパスを受け取ってくれる人の完成だなと思っていて。あとは頼むぞって言える人ができる。


でも、誰かがその種まきをしないと芽は出ない。じゃあ、木薫がやろうと思って。それで、「森から子どもの笑顔まで」ってコンセプトで、ずっと保育園、幼稚園向けの家具を作っているんです。




森林を未来に繋ぐ

―今、 お持ちの土地とか っ て いうのは、 や っ ぱ戦後ぐらい の時期から持 っ て いるものなんですか。

そうそうだね、 うん、 戦後のですね。 結局、 あの今と一緒で マ ン シ ョ ン買うのと同じように投資なんすよ、 半分は。 だから、 結局うちのじいさんなんかも、 結局そのまま投資、 その当時で、あの高く売れる。 ええ、 それがまあ、 何年後かに自分の子供とか孫が、 まあ、 あの大きくなっ て家建てる時にそう木も使えるし、 売ることもできるし山売ることができるようで。 まあ、 そういうことなんですよ。 みんなや っ てたんで、 田舎の人たちがね、 あの、その時のうんだから、 戦後ちょ っとぐらいしてからかな。 昭和30年から40年とかだと思いますよ。 ほぼほぼみんな同じような気がする。 うん、 うちの近所なんかはね、 多分だから、 まあ、 親戚とか近所の人たちで山行 っ て線引いて買 っ たと思うんすけどね。 どうしようもないんだよね、 僕らもね、 うん、 なんか聞くんだけど、 もう丸ごと売 っ ちゃ っ た方がい いんじゃない の。 だっ て、 あんなの残されても、 て いうことがね。 うん、もう植林がすごいし、 うん、 まああれ自然のね。 水源中はまあそれはね、 切 っ た後、 雨すごいでしょう。 10年前すごいあ っ たんすよ。 でも、 そういう場所結構もう 々ね。 あと、 もう畑にしたと、 そのその雨降 っ た時に保水できないでしょう。 や っ ぱり最近ほら大 そういうどんぐりとかね。 保水できるようなうん、 木があれば1番い いんですけどね。 うん、 色 表層崩壊でザー っ て、 もうあの根ごとわー っ と山崩れたりとかで人死んじゃ っ たりとかね、 結構ね、 大変でしたよ。




閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page