%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%

帰還困難区域に置かれたフレコンバック。

中には除染作業で出た廃棄物が詰められている。

(2019年10月/福島県大熊町/©塚原千智)

ajisai logo 文字有.png
  • Twitter
  • Instagram

ABOUT US

◇2021年度 活動コンセプト

“国内問題を「自分事」に。”

2021年、東日本大震災から10年を迎えます。

私たち、あじさいプロジェクトは、2018年に発足して以降、東北、特に福島の「今」に目を向ける活動を続けてきました。

現地に足を運ぶスタディツアーの実施が難しい中でも、国内問題について考えるきっかけをつくり続けていきたいと思っています。

◇CREW

12名(2021年2月末日時点)

―12期 7名 PC:塚原千智 SPC:岩田千怜

―13期 5名

(内12期3名、13期4名が大熊町での聞き書き活動に参加)

◇「あじさい」に込められた意味

いくつかの花が集まって構成されているあじさいの花を、人々に見立てて、たくさんの人のつながりで成り立っている地域社会の魅力を発信しようという意味が込められています。

また、時期によって色が変わるあじさいの花のように、見方を変えて地域の魅力を掘り下げるという意味も込められています。

ヘッディング 4